資金調達・助成金に強い公認会計士・税理士が貴社の成長・発展をご支援します! �

お問い合わせ

山岸会計を知る

法人説明会・見学会について

税理士試験後に採用募集する場合には、法人説明会・見学会を実施する予定です。開催が決まった場合には、当ページにてお知らせいたします。

山岸会計沿革

昭和55年 公認会計士・税理士山岸博(元:中央監査法人)が新潟県糸魚川市に個人会計事務所を開く。当初は木造1階建て、その後に鉄筋2階建てビル建設。

平成21年 公認会計士・税理士山岸崇裕(元:監査法人トーマツ)とともに税理士法人山岸会計を設立し法人化。東京事務所を開設

所長プロフィール

profile

所長 山岸崇裕

新潟県糸魚川市出身、新潟県立高田高校を経て、明治大学経営学部に進学。大学では管理会計ゼミに所属し卒論執筆。また大学在学中に日商簿記1級を取得し、公認会計士試験勉強を始める。24歳で公認会計士試験に合格(合格率7.6%、合格者平均年齢26歳)。

監査法人トーマツにて上場企業向けの会計監査、内部統制、IPO(新規公開)業務などに従事、その後、会計監査主任を務めながらERS(エンタープライズ・リスク・サービス部)にてデータ監査、FAS(ファイナンシャル・アドバイザリー・サービス)のTA(ターンアラウンド部門)にてM&Aや事業再生の財務調査、企業価値評価などに従事。当時は組成したチームの中で唯一の公認会計士として参画しメイン業務をこなす。

2008年頃にトーマツを退社し2009年に税理士法人山岸会計を設立。設立当初はFAS業務を志向したものの税務顧問先が増えるに従い税務顧問業務へシフト、中小企業向けに付加価値の高いサービスを展開する。一方でTKC中堅大企業研究会に所属し、連結会計システム、税効果会計システム、グループ会計システム、申告システムなどの上場企業向けサービスのコンサルタントを努める。六本木ヒルズなどで上場企業向けの研修の講師、東京投資育成・日本政策金融公庫の中堅企業向けの研修講師など多くの研修講師を務める。 TKCの委員会やプロジェクトの部会長・リーダーを兼任し、事務所活動にもTKC活動方針を取り入れ、先進的で幅広いサービスを積極的に推進し、今に至る。

趣味は映画、スキューバダイビング、テニス。スキューバダイビングは、モルディブ、ハワイ、オーストリア、グアム、タヒチ、小笠原諸島、慶良間諸島、沖縄、石垣島、西表島などにほぼ一人旅で潜る。中学高校時代にバレーボール部に所属、バレーボール公認指導員として社会人チーム2チームでコーチ。身長181センチ、ポジションはセッター、センター、ライト。既婚。

事務所の様子

image001

社員旅行

社員旅行は数年に一度ですが、国内ほか海外(ハワイ、オーストラリアなど)にも旅行に行っています。

 

image003

研修風景(TKC本社)

TKC本社まで徒歩3分ですので、多くの研修に参加しています。下の写真はTKC本社役員室にて、飯塚社長からマイナンバーシステムの研修をして頂いた時のものです。

 

image005

事務所セミナー(大和ハウス工業東京本社にて)

事務所セミナーは年間10回程度、事務所会議室で行うことが多いですが、提携企業の大和ハウス工業様本社ビルをお借りして大規模な研修をする場合があります。

 

image007

経営者交流会(大和ハウス工業東京本社にて)

会計事務所には様々な経営者が集まっていますので、セミナーの際に、経営者交流会も実施しております。ここからビジネスが生まれることを願って開催しています。

 

image009

TKC東京都心会 秋期大学(レセプション)

TKC秋期大学は、式典・講演・レセプションがあります。下記は8つほどの会計事務所メンバーがいますが、TKC会計事務所同士はものすごく仲が良く、一緒に活動しています。

 

image011

関与先:住宅販売メーカー殿

関与先の業種は非常に多岐に渡ります。なかなか仕事中に写真を撮るケースはないのですが、下記は、住宅展示場にて住宅販売メーカー社長殿と撮った貴重な1枚です。

雑誌『TKC戦略経営者』取材記事

image013

アールシーコア殿
(JASDAQ):連結会計コンサルティング事例

弊所では、中堅大企業(上場企業含む)殿への支援サービスもあります。連結会計、税効果会計、M&Aや事業再生の財務調査、企業価値評価などファイナンシャル・アドバイザリー・サービスも展開しています。

image015

丸善CHIホールディングス殿
(東証1部):連結会計コンサルティング事例

丸善CHI様はグループ全体のみならず、下層にも連結グループを作られています。1回の連結データ入力で、複数の連結決算書を作成するなどのお手伝いをしました。

他の会計事務所との違い

(1)記帳代行はしない

会計事務所の多くは記帳代行をメイン業務としていると聞きます。しかし、記帳代行はルーティン業務であり、スタッフには成長も未来もありません。山岸会計では経営助言業務を志向しており、スタッフには経営者のよき相談者として誇りをもち仕事をしてもらっています。「自利利他」の精神で、経営者の身になって真剣に相談にのる事は、スタッフ自身の本質的成長につながっていることと思います。

 

六本木ヒルズ「IPO・業績管理セミナー」

六本木ヒルズ「IPO・業績管理セミナー」

(2)経営支援をしている

経営計画策定支援など経営改善業務については東京都心300会計事務所のなか、上位数%の実績です。また資金調達や補助金・助成金についても取り扱い数が多いと金融機関担当者から評価されています。このように資金繰りや金融対策など経営者にとって非常に重要な部分について、積極的にサービス展開しています。

 

ハイアットリージェンシー「業績管理強化セミナー」

ハイアットリージェンシー「業績管理強化セミナー」

(3)中堅大企業向けサービスをしている

TKC中堅大企業研究会において、上場企業向けのコンサルティングサービスを実施しています。連結会計、税効果会計、グループ会計システムなど高度な会計基準・会計税務システムに対応し、一般の会計事務所では見る機会があまりない部分を見ることができます。

 

TKC本社「経営改善実践会」

TKC本社「経営改善実践会」

(4)FAS(ファイナンシャル・アドバイザリー・サービス)をしている

FAS業務をしている税理士事務所はかなり少ないですが、山岸会計では、M&Aや事業再生の財務調査(DD)、企業価値評価(Valuation)など、ファイナンシャルアドバイザリー業務もしています。

 

明治記念館「TKC社員向け戦略会議講演」

明治記念館「TKC社員向け戦略会議講演」

(5)各種役職と講師

TKC全国会にて各種の部会長、リーダーを兼任してきており、また、そこから金融機関主催の研修講師など、多くの研修講師を実施しています。全国役員大会などにも出席し、会計税務業界の実務情報をいち早く事務所に取り入れ、関与先に情報提供や推進指導をしています。

スタッフの仕事ツールのご紹介

税理士業界全体としてもペーパーレス化・システム化が進んできております。山岸会計スタッフは、最新ハードウェア、最新ソフトウェアにて、システムを駆使した効率的な業務展開をしています。

image017

モバイルPC・PHS

各人に仕事用PHSおよびモバイルPCを各1台用意しています。現場に持ち込んで、巡回監査支援システムにより、会社経理のチェックをしたり、PHSにより社長や経理担当者とフレキシブルに電話対応することが可能です。PHSはかけ放題になりますので、電話代を気にせず仕事ができます。

 

image019

モバイルUSB(外部接続)

モバイルUSBにより、外出先からでも所内システムやファイルサーバーに接続が可能です。例えば、関与先の現場において、電子申告作業をするなどし、いちいち事務所に戻ってから作業しなくても良くなりました。

 

image021

デュアルモニター

事務所では各人にモニターを各1~2台用意し、大きな画面とモバイルPC画面の2画面で効率よく仕事しています。

 

image023

OMSシステム

OMS(オフィス・マネジメント・システム)です。所内管理と関与先業務がワンパッケージになっており、ここで各種重要データが格納・処理されます。データはTKCのデータセンターに遠隔地保管されており安心です。

 

image025

Profitシステム

Profitは、TKC全国会ネットワークシステムで、会計事務所業務に関連する全国のありとあらゆる情報が掲載されています。
ここで研修申込み、リーガルデーターベースへのアクセス、各種新制度の取り組みステップ、システムオンラインサポート、TKCシステム発注、事務所の経営数値データなどが見れるポータルサイトとなります。

研修・研修・例会等

  • 週例会 月曜朝は週例会です。毎回1時間から2時間ほどかけて、さまざまな方針の推進状況、関与先別の状況などを共有します。研修をするケースもあります。
  • TKC月例会 TKCのスタッフの方と一緒に、最新情報を勉強し、また、事務所の各種経営指標について目標達成のための検討会を実施します。
  • 大同生命推進会議 大同生命担当者とともに、関与先のリスクマネジメントの推進状況を分析し、対応が出来ていない関与先の課題・改善策について協議します。
  • TKC各種研修 事務所から徒歩3分にあるTKC本社にて、数多くの研修があります。

監査スタッフのある一日

9:00 出社
月曜のみ週例会を開催
火曜〜金曜は出社後に仕事開始です。顧問先に直接訪問する場合もよくあります
9:00 先週訪問した関与先から受けた会計・税務・システムなどの相談や質問を調べて回答準備し、所長に確認
12:00 お昼休み
13:00 資金調達の相談(所内)→事業計画の策定
15:00 月次巡回監査のため会社訪問(外出)
17:00 事務所に戻り、巡回監査訪問報告書を作成、依頼された事項の調べもの、メールなど事務対応
19:00 退社(19時退社の場合、残業1時間となる)

先輩の声

先輩社員Yさん

どんな気持ちで働いていますか?

経営者交流会(ダイワハウス本社)

経営者交流会(ダイワハウス本社)

兎にも角にも「会社(社長)に寄り添いたい」という気落ちで働いています。

入社当時、所長から「とにかく会社に巻き込まれて、社長・経理部長と一緒に悩め!」と言われた事を覚えています。会社に寄り添うことで会社の事が良く分かり、会社にとって最適な提案ができるようになり、何より会社の信頼を得ることに繋がります。

会社が何か困ったときは、いつもそばにいる担当者でありたいと思います。

 

働いているスタッフが楽しい瞬間は?

社長に飲みに連れて行っていただいたり、経理の方達と、仕事と全く関係ない他愛もない話で盛り上がったり、人対人のコミュニケーションの場は楽しいです。会社に深く関わるからこそ、できることだと思います。ある社長が靴を買いたいと言うので、一緒に伊勢丹へ行った、なんてこともありました(笑)

また、巡回監査で色々な場所へ訪問することになりますので、プライベートでは縁のない駅、街、時には地方都市にも行くことができ、仕事を通じてちょっぴり旅気分(?)を味わえます。

 

経験になった出来事は?

開店時から関与させていただいていた飲食店が、業績が伸びずに閉店になった事です。夢だった飲食店、自己資金も相当つぎ込んだということで、社長がなかなか撤退に踏み切れず、撤退判断が遅れ、結果として自己資金流出を増やすだけになってしまいました。

我々は会社や社長に関するあらゆる数字を把握できる仕事をしています。仲良くするだけでなく時には社長を怒らせてでも、厳しいことを伝えなければなりません。

 

働き始めた新人時代はどうだった?

何もかも分かりませんでした。所長の言っていることも、お客様が言っていることも、何が何だか分からない状態でした。所長に同行させてもらって、横で話を聞き、その場の空気を肌で感じ、与えられた仕事には納得いくまで自分で調べて、勉強して、所長に見てもらって・・・という事をひたすら繰り返し、少しずつできることが増えていきました。

分からないという事は、最初は誰でもそうです。日々勉強して、素直な気持ちと健康な体があれば、点と点が線で繋がる時が必ず来ます!事務所一同、そういう環境を用意して待っています。

先輩社員Nさん

どんな気持ちで働いていますか?

chigai6

マイナンバーセミナー(ダイワハウス本社)

社長や経理の方が気持ちよく仕事ができるようにしたいと思い働いています。

業務としては、毎月企業に訪問し、月次監査及び現在の経営状況の話をします。月次の調子がよい場合は、社長の表情が明るく、調子がよくない場合は曇りがちになります。調子が悪い中でも、改善点が明確になると社長の表情は明るくなります。

経理の仕事は会社の要の仕事で、プレッシャーが大きいものです。そのプレッシャーから解放されるためには、よき相談相手がいることであり、それも会計事務所の重要な仕事であると思います。

 

働いているスタッフが楽しい瞬間は?

社長や経理の人との雑談は楽しいですね。社長との会話と聞くとピリピリしているイメージがありますが、社長も終始ピリピリしているわけではなく、時にプライベートの話しも出てきます。プライベートの話しをしていただけると、信頼されているのだと思い嬉しくなりますね。

あと、会社のパソコンの前に座っている時に、営業の方が私に向かって「行ってきます」と言い、私が「行ってらっしゃい」と言ったとき、会社の一員になれた気がして嬉しかったですね。

 

経験になった出来事は?

資金調達と経営改善計画の作成です。

設備資金が必要になる会社の場合、金融機関から融資を受ける必要があります。そのために、キャッシュフローも含めた経営計画書を作成します。社長からヒアリングをし、それを計画書に落とし込むという作業はよい経験になりました。

また、経営状況が芳しくない場合、経営改善計画書を作成します。「改善」という名前の通り、現在の問題点を抽出し、どのように改善していくか行動計画及び数値計画を、ヒアリングをしながら作成していきます。時間はかかりますが、会社にも喜ばれ、やりがいを感じました。

 

働き始めた新人時代はどうだった?

立上げたばかりの会社を担当させていただきました。立上げでは、税務署への届出や、会計システムの導入などやるべきことが多いですが、先輩、所長が丁寧に教えて頂いた為、すんなりと身につきました。

新人の初日風景

接客接遇、電話受付、資料冊子作成(月次、年度申告など)、所内チェックリストの整備、システム立ち上げ時の記帳入力、駆け込み決算申告の証票整理、記帳入力・申告書作成、業務日報の入力

人間関係について

事務所全体としても離職率は極めて低くなっております。風通しの良い職場で、上司にも何でも相談できる環境です。

クリックしてお進みください

step1on stepnext step2 stepnext step3 stepnext step4